“未知との遭遇”

デビルズタワー・ナショナルモニュメント

Devils Tower National Monument

基本情報
概要
“未知との遭遇”を覚えているだろうか? 1977年にスティーブン・スピルバーグにより公開された世界各地で発生するUFO遭遇事件と、最後に果たされる人類と宇宙人のコンタクトを描いた映画である。当時まだCG等が無かった時代で巨大な宇宙船や宇宙人の描写があまりにもリアルで一大プレミアとなった映画である。映画のメインシーンでもある宇宙船の降り立つ場所として使用されたのがこのデビルズタワーだ。 デビルスタワー(Devils Tower)は、ワイオミング州の北東部にあるナショナル・モニュメント。 ロッキー山脈の間に広がるに広大な草原地帯に忽然と聳え立つ巨岩。高さ400m近い(386m)巨岩で頂上は100m近い広さがある。自分が円盤を操縦していたらきっとここに降り立つことであろう。。。
アクセス情報
最寄の主要空港:ラピッドシティ
※日本からは西海岸主要空港経由
※ラピッドシティからデビルズタワーまでは車で約2時間
年間平均気温
主な見どころ
Devil's Tower
デビルズタワー
デビルズタワーは、マウント・ラシュモアからイエローストーンへと続くルート上の観光スポットとして人気があるが、駐車場からちょうどデビルズタワーを1周ぐるりと回るトレールがあり小一時間あれば観光できる。また、見たとおり、険しい岩場のため世界中のロッククライマーの憧れでもあり、あちこちのスポットで垂直の壁にへばりつくロッククライマー達の姿を見ることが出来る。駐車場のところにビジターセンターがあるが、毎年4月中旬から11月下旬のみのオープン。 食事をする箇所は無いので1日過ごす場合は予め用意してくることをお勧めする。トイレ、水道はビジターセンターにある以外は公園入り口付近にあるガソリンスタンドにあるのみ。 
ルックアメリカンで行くツアー
ルックアメリカンツアーの特徴
おすすめの時間帯に観光!
太陽が直下し、真上からキャニオンの中に太陽の光が入り込むの最も美しい時間帯を確保済みのツアーがあります!
知識豊富な日本語ガイドによる説明あり!
日本語ガイドがご案内するツアーでは、アンテロープキャニオンの魅力的な安全や詳しい説明、様々な話やガイドだからこそ知っている光を利用したトリック写真の取り方などだけよりツアーが真新しくなります!
一押しツアー
その他の情報
デビルズタワー公園内には宿泊施設は無く、周辺にもほとんど泊まる施設が無い。 一番近いところでは空港のあるGilletteであろう。 便利が良いのはラピッドシティだが、ラピッドシティからちょっと山奥に入ったデッドウッド(Deadwood)という町に泊まるのも面白い。 デッドウッドは開拓当時、金鉱掘りや、アウトローたちで賑わっていたウエスタンの町、カジノやサロンが当時の姿でそのまま残っている。
一番近い空港はワイオミング州のGilletteでレンタカーでデビルズタワーまで約1時間、だがこの空港への便はあまり良くないため、サウスダコタ州ラピッドシティに入り、レンタカーを借りたほうが良い。ラピッドシティからデビルスタワーまで約100マイル、1時間45分の行程である。 ラピッドシティではマウント・ラシュモア等の見学が出来、デビルズタワーからワイオミング州の西部にあるイエローストーンまで5時間、1日でデビルズタワーの観光も含めてちょうど良い移動となる。
デビルズタワー・ナショナルモニュメント

入園料 (20年7月現在*)
・自家用車 $25(1台あたり。1台最高15名まで。7日間有効)
・オートバイ $20(1台あたり。7日間有効)
・個人 $15(1人あたり。徒歩、自転車など。7日間有効)
映画では特撮かと思われたこの奇怪な巨岩がそっくりそのまま現れる姿には驚かされる。 この地域では、およそ6千万年前頃、第3紀初めから始まったロッキー山脈造山活動の際に併発して大々的な火山活動が起こり、地下のマグマが堆積岩の突き破りながら地上に向けて昇り、そのまま冷えて固まった。巨大な溶岩の塊は冷えて固まり、さらに続くロッキー山脈の隆起活動につれて周辺の大地が隆起し、そのうち溶岩の塊の周囲にあった柔らかい堆積岩は雨、風、雪により浸食され、この巨大な溶岩の塊(響岩質斑岩)がそのまま残った。地元では数々の言い伝えがあり、デビルズタワーの奇怪な垂直方向に走る筋は巨大な野生の熊が以前残したもの等語られてきたが、実際は溶岩が冷却固結する際に起きる柱状節理という現象であり、日本では福井県東尋坊の屏風岩で見ることが出来る。 ロッキー山脈は、古いもので超大陸(大陸移動の間で大陸がひとつに固まっていた時代)のころ、6億年以上前に形成されたものから、新しいもので白亜紀後期約6500万年前に形成されたものもある。山脈自体は大陸移動の際に生じた皺寄せから来る褶曲運動で形成されたが、地質は火成岩と変成岩(12億~33億年前)という火山岩から成り立ち、南部のほうでは堆積岩が見られる。山脈のほとんどが約180万年前から1万年前までにかけて周期的に繰り返された氷河による影響を受けており、北部のグレーシャー国立公園には僅か150年前から400年前の小氷期に前進した氷河の跡が残っている。 ロッキー山脈は、その膨大な雪解け水がアメリカ西海岸の生活を補っていると断言しても過言で無いほど重要な役割を果たし、その水源はグランドキャニオン国立公園のような巨大な渓谷や、多くの湖沼、人造湖を潤している。 アメリカ合衆国で供給される水の4分の1はこのロッキー山脈が水源となっている。 
© 2021 JTB USA Inc. All rights reserved.