JTBルックアメリカンツアー 関連サイトとその他特集サイト


ブラックキャニオン国立公園

ブラックキャニオン国立公園の概要 ~Black Canyon of the Gunnison National Park~

\ブラック・キャニオンは、コロラド州の真ん中あたりに位置する国立公園、知る人ぞ知る秘境と言われ、崖っぷちに立つとそのあまりにも深い垂直に落ち込む渓谷に誰もが度肝を抜かれてしまう。 ブラックキャニオンは、ガニソン川(コロラド川の支流)によって深く削られた渓谷で、広い米国でもここまで崖の切り立った渓谷は類を見ない。 この渓谷周辺には以前から先住民族が多く住んでいたが、渓谷の上部に生息していた形跡はあっても渓谷の下部は水流のすごさと急峻な断崖絶壁のため、誰も近づけなかったと言われる。 1916年にKolb探検隊がラフティングを駆使して河川を探検するまでは、まさに前人無踏の地であり、開拓民や毛皮商人たちがこの地を通ることはあっても、崖の上から渓谷を眺めるだけであった。 この人を寄せ付けないほどの圧倒的な水の流れが、ブラックキャニオンという原生代の硬い結晶質岩を垂直に700mも切り込むとてつもない渓谷を創り上げた。 ブラックキャニオン国立公園は、地質の宝庫と呼ばれ地元ガニソンにあるウエスタン・ステート・カレッジ(コロラド州立大学)地質学部の屋外研究室とも呼ばれ、一般的には地球の奥深くにしか存在しない約20億年前の先カンブリア紀に形成された変成岩や火成岩を見ることが出来る。 ブラックキャニオンの名の由来ともなった黒い壁はGneiss(片麻岩)やSchist(片岩)と呼ばれる変成岩がブレンドされており、所によりピンク色の帯のように見えるのは、Pegmatite(巨晶花崗岩)と呼ばれる火成岩が地熱による圧力で地中からマグマとして岩の割れ目を昇って来たゆっくりと冷えて固まったもの。長い年月の大陸移動で幾多にも複雑に折り曲がった地層を目の当たりに出来るのも魅力の一つである。 三畳紀の終わりごろからジュラ紀の初期、今から約1億9千万年前頃から超大陸パンゲア大陸がローラシア大陸とゴンドワナ大陸へと分かれ始めた。ローラシア大陸はさらに分裂し、ローレンシア大陸、バルティカ大陸、シベリア大陸、カザフスタン大陸、シナ地塊となった。 現在の北アメリカ大陸はローレンシア大陸から分かれてきたもので、西に向かって移動していく際巨大な太平洋プレートとぶつかり現在のカリフォルニアの部分から東に向かって徐々に地層の皺寄せ活動が始まった。コロラドまでこの皺寄せ活動が到達したのは今から約6千万年前のことである。当時起きた活発な隆起活動と火山活動にて水源となる高地が生まれ、東部にあるサワッチ山塊と北部にあるエルク山脈の雪解け水が現在のガニソン川を作り出したのが今から約1千万年前から1千5百万年前である。 偶然の重なりか、この膨大な雪解け水のちからと、当時起きた台地の隆起活動が合わさって水の流れをさらに強くし、1千万年という地質上では瞬きするような短い間でこの深い渓谷を刻んだのである。 現在も春先にはロッキー山脈から流れ出る雪解け水がガニソン川に流れ込んで来るが、3つのダムが建設され水量は調整され、渓谷の侵食を防いでいる。 icon 6 ウォータートン・グレイシャー国際平和公園の見どころ・楽しみ方主な見どころ 公園には2つの入口がある。より多くの観光客が訪れるサウスリム側の入口は、Montroseの東15マイル(24km)に位置する。ノースリム側の入口は、Crawfordの南11マイル(18km)に位置し、冬季は閉鎖される。 公園内に食事の施設は無いので1日過ごす予定であれば予め用意していく必要あり。水道も5月から11月までしか通っていないため、冬季間に訪れる場合は水の用意も必要。

サウス・リム

短時間の訪問であればサウス・リム、ここにはビジターセンターもあり、道路やビューポイント、駐車場も整備されていて訪問しやすい。主なビューポイントはビジターセンターにあるガニソン・ポイント(Gunnison Point)、そしてトミチ・ポイント(Tomichi Point)、外せないのはペインテッド・ウォール・ポイント(Painted Wall Point)とチャズム・ポイント(Chasm Point)。ブラックキャニオンの代表的な黒い絶壁に落書きされたように走る花崗岩の模様が目の前に広がる。

 ノース・リム

時間があれば是非行って欲しいのがノースリム。サウス・リムと違いビジターセンターも無く、設備は整っていないが、垂直に700m落ち込む崖を淵ギリギリから見下ろすことが出来る。バランス・ロック、ナローズ・ビュー、アイランド・ピーク・ビューと迫力満点のビューポイントが並んでいるが、崖っぷちがあまりにも近くあまりフェンスでもしっかりと保護されていないため小さなお子様連れには注意が必要。 行きかたと主な宿泊施設  

個人で行く場合

 決して気軽に行ける場所ではないが、行く価値は大いにある。距離はあるが最も一般的なのはデンバー空港からレンタカーして、車で西へ約4時間で行ける。数日間かけてロッキー山脈国立公園、メサベルデ国立公園と合わせて周遊旅行にしても良い。 もしくは、ガニソン空港へ直接飛ぶ方法もある。あるいは、アリゾナ州のフラッグスタッフやフェニックスに飛び、レンタカーでグランドキャニオン、モニュメントバレー、フォーコーナーズ、メサベルデ等回る旅行というのもお勧めできるコース。

宿泊施設

ブラックキャニオン国立公園内部にはサウスリムとノースリムにキャンプ場施設があるのみで他の宿泊施設は無し。周辺の町ではモントローズかガニソンの町にモーテル等の宿泊施設が沢山ある。 ルックアメリカンツアーでいくブラックキャニオン国立公園 コロラドエクスプレス 3日間 “シルバートンから狭軌鉄道を楽しむ” コロラドハイライト 4日間 ”世界遺産メサベルデ国立公園とコロラド登山列車の旅” ロッキーマウンテン 3日間 ”世界遺産メサベルデ国立公園とコロラドの温泉満喫 関連ブログをみる 「ブラックキャ二オン国立公園」 700メートルの断崖絶壁がある知る人ぞ知るコロラドの秘境 ドライブでアメリカ大自然を楽しむ! 国立公園内のホテルもご用意したフライ・ドライブのお勧めの7コース  

ブラックキャ二オン国立公園の地図をみる

ブラックキャニオン国立公園の地図
国立公園・モニュメント、又はその他の情報: