JTBルックアメリカンツアー 関連サイトとその他特集サイト

ルックアメリカンツアー アメリカ大自然特集 ニューヨーク特集 地球46億年の歴史を体験するグランドサークルのオプショナルツアー ペルー | マチュピチュ特集

ホワイトサンズ国立モニュメント

ホワイトサンズ国立モニュメントの概要 ~White Sands National Monument~

広大な荒野に忽然と現れる真っ白な世界、世界最大のアラバスター砂丘ホワイトサンズである。アラバスターとは、雪花石膏と呼ばれる石膏(ギブス=ジプサム)の集合体であり、普通は水に溶解してしまうためこのように砂の状態で残っているのは非常に珍しい。 付近には世界初の核実験が行われたホワイトサンズ・ミサイル実験場や、NASAのスペースシャトル着陸用滑走路もあり、現在でも住民はほとんどこのエリアにはいない。 石膏は海洋性堆積岩で、溶解されたイオンが水分の蒸発によって凝縮する蒸発残留岩鉱物である。 例えば通常の塩分を含んだ海水が蒸発によってもとの分量から20%まで減少したとすると、 カルシウム (Ca2+)及び硫酸塩-(SO42)イオンが凝縮し、石膏(CaSO4+2H2O)として結晶化する。この地域周辺がまだ赤道付近に位置していた5億年前~2億4千万年前頃、特にペルム紀の頃、大陸移動のあおりで激しい海面低下が起き沿岸地域の海水がほぼ全面的に干上がってしまった。結果、浜辺には石灰岩、塩や石膏等の堆積岩が溜まり、当時出来上がった石膏の層は500mに達する位であったという。 その後長い年月が過ぎ去り3000万年前頃から活発となったララマイド大変革(ロッキー山脈造山活動の南部の動き)によって周辺の大地は隆起を続け大地に深く埋まっていたかつては浜辺であった地層の部分が地表に出てくる。 ホワイトサンズがあるトゥラロサ盆地は、西をサン・アンドレアス山脈、東をサクラメント山脈とグアダルーペ山脈に囲まれているため、およそ2万4千年前から1万2千年前に起きた最後の氷河期でホワイトサンズ形成への重要な出来事が起きた。 更新世(Pleistocene Epoch)後期、現在ホワイトサンズのあるトゥラロサ盆地を含む米国南西部は現代よりも雨が多く気温も低かったため、北側のシエラ・ブランカ山(標高約3600m)には小型の氷河が沢山出来、トゥラロサ盆地には広大な氷河湖(オテロ)があった。多量に降り続けた雨は、サン・アンドレアスとサクラメント山脈から石膏を溶かしてオテロ湖へと流し込み、湖は石膏の溶解成分が多く溜まっていった。氷河期が終焉すると、周辺の気候は著しく乾燥し始め、オテロ湖もゆっくりと干上がって行きやがてそこには広大な石膏の堆積物が残る事となった。 よって、このあたりにホワイトサンズと呼ばれる石膏の砂丘が現れるようになったのはごく最近、7000年前前後であったと言われている。 石膏の砂は最初は透明だったが、砂粒同士が擦れ合って傷ができ、それによって光を通しにくくなるため白くなっていく。ホワイトサンズの砂丘は絶えず形を変え、1年間に10m近く風下に向かって南西から北東へゆっくり移動している。 砂丘の行く手で砂が植物を覆ってしまうが、この付近に生息している植物の中には、砂丘によって埋められることを避けるのに十分な速さで成長することができるものもある。 普通の砂丘は石英を主成分とする砂状結晶で出来ているいるが、ホワイトサンズは石膏であるため、太陽のエネルギーを熱に変えにくく、暑い真夏日で直射日光が照り付けている状態でも素足でも歩くことができる。 icon 6 ウォータートン・グレイシャー国際平和公園の見どころ・楽しみ方主な見どころ  入口にビジターセンターがあり、あとはデューンズ・ドライブという砂丘内を走る約12キロの観光用道路があるだけなので、観光は至って簡単だ。 デューンズ・ドライブ内にはあちこちで車を止める事が出来、砂丘を実際に歩いて見学出来る。橇やスキー、スノーボードを持ち込んで遊んでいる人々も多い。 当然雪と違うので滑走性は良くないが、橇が無くても訪問の前にスーパーで固めの段ボール箱等を手に入れておけば橇の代役となり、十分楽しめる。 園内にはハイキング・コースもあり、また公園内どこでも歩く事が出来るが、砂漠という厳しい環境下であるという事を忘れず、十分な水や軽食は用意しておくべき。 ビジターセンターを過ぎると園内で水を得られる場所は無いため、気をつけよう。 また、ハイキングの場合、砂丘では似たような光景が延々と続くため、予め定められたコースを通るか、自分の位置を確認出来るものを決めてからにしたほうが良い。春先には強風が吹き、足跡がすぐに消え、視界が1m以内に遮られてしまう事があるので要注意だ。

行きかたと主な宿泊施設

個人で行く場合

公共手段では行けないため、車か自転車、或いは徒歩で行くしかない……現実的にはレンタカーであるが、エルパソからは2時間弱なのでカールズバッド国立公園と合わせて訪れてみよう。足を伸ばしてサンタフェ(約4時間)まで行くのも良い。

宿泊施設

ホワイトサンズ園内には宿泊施設は無いため、宿泊を考えるのであれば15分ほど離れたアラモゴードの町、1時間離れたラス・クルーサスの町があるが、エルパソから2時間、カールズバッドまで移動しても3時間弱の行程なので、必要が無ければ移動の間に通る公園にしたほうが良い。   ルックアメリカンツアーでいくホワイトサンズ国立モニュメント ニューメキシコ世界遺産巡りと古都サンタフェ 5日間 世界遺産カールスバッド国立公園と白亜のホワイトサンズ国立公園を巡る2日間 世界遺産タオスとカールスバッド鍾乳洞観光、サンタフェに泊まる 3泊4日 アルバカーキ発着 ニューメキシコ ハイライト周遊コース 5日間 サンタフェまたはアルバカーキ発着 魅惑のホワイトサンズ国立モニュメントを巡る2日間 アルバカーキ発着 ニューメキシコ サンタフェとホワイトサンズ国立モニュメント 5日間 アルバカーキ発着 ニューメキシコ サンタフェ、カールスバッドとホワイトサンズ周遊コース 6日間 アルバカーキ発着 サンタフェ、ホワイトサンズ国立モニュメントとカールズバッド国立公園周遊 4日間 世界遺産タオスとカールスバッド鍾乳洞観光、サンタフェとアラモゴードに泊まる 3泊4日
関連ブログをみる アメリカの異郷ニューメキシコ州 ~太古のスピリッツが息づく土地~ ホワイトサンズ国立モニュメント 「ニューメキシコの純白のパワースポット」White Sands National Monument ホワイトサンズ国立モニュメントの地図をみる ホワイトサンズ国立モニュメントの地図
国立公園・モニュメント、又はその他の情報: