恐竜滅亡の様々な説

 

恐竜滅亡の様々な説

隕石落下説

この説ほど、有名な恐竜絶滅説はないだろう。発表されて以来、多くの人びとに支持され、恐竜絶滅の最終仮説として見られるようになった。少なくとも、6500万年前に隕石が衝突したのは確かで、直径約10キロの巨大隕石が6500万年前6月のある日突然地球に、落ちてきた。まきあげられた噴煙によって、地球は暗黒の世界と化し、光合成は不可能、瞬時の衝撃波、津波の後は生体系が狂い、それについて行けなかった生物は絶滅した。実際に落ちた隕石は現在のメキシコ湾で跡が見つかっている。


火山噴火説

この説は、6500万年のちょっと前(とはいっても地球規模なので万年単位)に、突如1000年程も 続く世界規模の大噴火がおこったとする説。火山の噴煙の効果は、「太陽光がさえぎられる」、大量のマグマが地上に吐き出されることによって大地があるていど沈み「海が後退」、大陸棚が干上がり生体系が狂う等の効果が考えられる。また、火山の噴火でできた物質のせいでオゾン層が破壊されたという説もあるが、オゾン層がなくなれば紫外線が大量に地球に降り注ぐこととなり、地上の生物は生存不可能となる。マントルの最深部は外核から常にすごい熱を受け取っているが、3000万年周期でドロドロにとけてしまい、溶けたマントル最深部は熱を放出するためにマントル内を上昇、その結果地殻をつき破り、大噴出をおこすのだ。
火山噴火説は外核に関するものだが、この説にはプレートの移動が関係する。プレートとプレートがぶつかりあい、片方が沈んでいく海溝があるが、沈んでいったプレートはマントルで溶かされマントルの一部となる。ところが、マントルの熱でも溶けなかったものが大きな地殻の塊となる。そして大きくなりすぎるとマントル内を落下、外核まで達し、その衝撃で内核内の超高温の塊(スーパープリューム)が上昇し、それが外核にぶつかり大噴火をおこす。


海退説

6500万年前に地殻の大変動がおこり、それによって海洋が後退、大陸棚が干上がり、それにより生態系が狂わされ、恐竜が絶滅したという説。


海進説

6500万年前に地球の海水面が上昇し、陸地が減り、恐竜の密度が高くなって絶滅したという説。


新星爆発説

6500万年前、突如地球から20光年の距離のところで超新星爆発が起こり、地球に大量のニュートリノ(質量が0に近く地球10個を簡単に貫通する物質で太陽からもでている)が降り注ぐ。そのニュートリノの一部がさまざまな生物の細胞の核を壊してガンを誘発し、恐竜等が絶滅したとする説。


伝染病説

恐竜が鳥のように渡りをしたという考えに沿っている説。強力な伝染病が世界のどこかで起こり、それが“渡り”によって、瞬く間に世界中に広がり、恐竜に大打撃を与えたとする説。


哺乳類に卵を食べられた説

概要恐竜の繁栄した最後の時代、白亜紀には小さな哺乳類が力をつけはじめており、その哺乳類に卵を大量に食われて恐竜は死滅したとする説。


便秘説

恐竜絶滅説の中でも珍しいタイプ(?)の説で、なんと恐竜が便秘で絶滅したというもの。恐竜が当時大繁殖していたが、ある恐竜にとっては毒草であるものを恐竜が食べて、食中毒になってしまい、全滅したという説。


複合説

新しい説としては、古い形質から進化し適応した生物は、生態系の頂点を極めても、地球環境の新しい変化に対しては、新しい時代により適応した生物にその座を譲り渡すことになる、という進化の通説を隕石衝突と合わせた説などがある。
それは、白亜紀に進化してできた種子植物が、シダ植物や被子植物を減らし、その結果それらを食料としていた恐竜をむしばんでいき、せっかくの隕石衝突から生き残った恐竜も死んでしまった、というもの。この説も、白亜紀の恐竜の一部は被子植物を食べていたということから難がある。


有力な哺乳類の発生説

哺乳類は小型であったが徐々に勢力を伸ばした。夜行性で活発な哺乳類は恐竜の餌食になることも少なく、恐竜の卵や赤ん坊はそのような哺乳類に食べられ、やがて絶滅に追い込まれたという説。


植物の毒説

被子植物(花をつける植物)にはアルカノイドという成分が含まれていて、そのために、食中毒になった。また、花は恐竜たちに花粉症を起こさせたという説。


天候の変化説

大陸が移動し、海流が変ったために、四季の変化がはっきりした。つまり、冬は一層寒くなり、夏の暑さは激しくなった、そのため植物が枯れ、恐竜は飢え、かつ、凍えて死に絶えたという説。


神がそう造ったから

恐竜は人間が生まれる前に死に絶えるように、神が決め、最初からそのように造られていたという説。


地球外生命による攻撃

地球上に残されている、遺跡や出土品の中には、宇宙人を型どったものがある。ナスカの地上絵は、上空から見おろさなければ意味をなさず、イースター島の巨大石像は、同じ方向の空を見上げている。こうしたものは、地球外生命体が残した痕跡である。恐竜は高等な生物に進化しつつあり、危険を感じた地球外生物が攻撃して、絶滅させたという説。

国立公園・モニュメント、又はその他の情報: