2016年 日本人に人気の海外観光スポット 第2位

アンテロープキャニオン

Antelope Canyon

基本情報
概要
「2016年 日本人に人気の海外観光スポット」第二位に選ばれたアンテロープキャニオン。その魅力は「ザ・ビーム」と呼ばれる一定の時間にしか見られない神秘的な光線と鉄砲水などにより削られた岩の独特な形。 先住民がこの地につけた名前は「水が岩を流れる場所」。 現在もときおり鉄砲水などが流れ込むことがあり、削られた岩は形を変え続けている。光と水か創り出した自然の舞台で、あなたは何を感じるだろうか。
アクセス情報
最寄の主要空港(ツアー出発地):ラスベガス
※日本からは西海岸主要空港経由
※ラスベガスからアンテロープキャニオンまでは車で約4時間半
天気と気温
アンテロープキャニオンは天候の変化が激しい。夏は砂漠の苛烈な日光が差し、冬は一面上雪景色。雨はあまり降らず、年間平均44日しか降っていない。しかし、6月~9月の雨季の間は、大雨による洪水により、キャニオンに入れなくなることもある。
年間平均気温
主な見どころ
Upper Canyon
アッパーキャニオン
キャニオンの頂上(約36m)の開口部から日の光が狭い渓谷内に差し込む幻想的な「ザ・ビーム」が見られることで知られる。アッパーキャニオンを訪れる場合は、太陽が頭上に来る時間に合わせたい。アッパーアンテロープは上り下りがなく平坦のため、お子様や高齢の方にとってもオススメです。
Lower Canyon
ロウワーキャニオン
以前は、ローワーキャニオンを訪れるためにロープやはしごで登らなくてはならなかったが、今は階段が設置されている。ただ、長く狭い場所が多い上、全体を通して足場が悪いなどアッパーに比べて歩きにくいが、その分登りきったときの素晴らしい光景に喜びもひとしおです。
Horseshoe Bend
ホースシューベンド
アンテロープキャニオンから車で約20分の町ページはグランド・サークルの中心として観光拠点となり賑わっている。ここにはレイク・パウエルがあり、夏場はジェットボートやカヌーなどを楽しむ観光客に人気だ。そのページには、ホースシューベンドという馬蹄型に蛇行した川も絶景ポイントがある。アンテロープキャニオンに行く際には、ぜひ一緒にいきたい町だ。
ルックアメリカンで行くツアー
ルックアメリカンツアーの特徴
おすすめの時間帯に観光!
太陽が直下し、真上からキャニオンの中に太陽の光が入り込むの最も美しい時間帯を確保済みのツアーがあります!
知識豊富な日本語ガイドによる説明あり!
日本語ガイドがご案内するツアーでは、アンテロープキャニオンの魅力的な安全や詳しい説明、様々な話やガイドだからこそ知っている光を利用したトリック写真の取り方などだけよりツアーが真新しくなります!
一押しツアー
日帰りツアー
その他の情報
レイクパウェル・リゾート
ワーウィープ・マリーナに位置し、パウエル湖畔にある唯一のリゾートです。 リゾート内にはレストラン、プールがついていて、ボートツアーへのアクセスにも便利なロケーションです。
アンテロープキャニオンは、ナバホ国内にあるため勝手に入る事が出来ず、 個人的に入るには許可を取らなくてはいけない。よって、個人的に訪れたい場合はページの町から定期的に出ているツアーに申し込む以外に方法は無い。 アッパーキャニオンを訪れるツアーは1日に5-6本出ているが、一度に観光出来る人数制限があるため、予約はむずかしい。特にプライムタイムは早く売り切れる。 アンテロープキャニオンはナバホ国内にあるという事の他に、鉄砲水の危険性があるため、入場を規制している理由もある。  ここで起きる鉄砲水は、アンテロープで降る雨が原因となるのではなく、数十キロ離れた場所で降る雨で発生した鉄砲水がほぼ予告無しにキャニオンへ注ぎ込んでくるため、 非常に危険が高く、情報を常に集めている管理係りのみが鉄砲水を予告出来る。

個人で行かれる場合、こちらからツアーをお申し込みください。こちらをクリック!
ナバホの言葉でツェー・ビガニリニ(Tse bighanilini)「水が岩を流れる場所」という意味のアンテロープキャニオン。 アンテロープキャニオンは他のスロット・キャニオンと同じく、もともとはロッキー山脈が隆起してきた際に出来たコロラド台地の一部で、 一時的に(地質史的に)隆起した台地を流れていく水が、柔らかい砂岩を侵食して出来たものである。周辺一帯は砂漠気候のためほぼ1年中乾燥しているが、 モンスーンの時期に降るスコールは瞬時に鉄砲水を起こし、一気にアンテロープキャニオンに流れ込むのである。 よってキャニオンの内部は毎年様子が変わり、年によっては幅が狭くなりすぎて通り抜けられない時もあったり、何十人も入れるくらい幅が広がる時もある。  高さも大体30mから40mくらいまで、その年の鉄砲水がどのくらいの勢いがあったかで変化する。 以前はアンテロープ(カモシカ類)や家畜がナバホ人達により放牧されており、冬になるとシェルターとしてこの狭い渓谷を利用していた。観 光地化されたのはつい最近、1990年代に入ってからである。ナバホ国内にあるため、許可証が無いと入れず個人的に行って勝手に見る事は出来ないため、当時は限られた地質学者や写真家のみが知る秘境であった。
© 2021 JTB USA Inc. All rights reserved.