アメリカの至宝 国立公園人気NO.1

グランドキャニオン国立公園

Grand Canyon

基本情報
概要
太陽、川、風、雨、嵐など自然現象が悠久の時をかけて創り出してきた峡谷、グランドキャニオン。 1908年1月11日に国定公園となり、1919年2月26日に国立公園に指定された。 写真で見るより深く、広く、表情豊かな圧倒的なその景観は、静かに遥かかなたを望んだり、川を覗きこんだり、目を閉じて風を感じたり、と楽しみ方は様々だ。 飛行機に乗れば、空から全体を俯瞰したりすることまでできる。都市部とはまったく違う時間がながれているようなグランドキャニオン。 この空間に立った時、あなたは何を感じるのだろうか。
アクセス情報
最寄の主要空港(ツアー出発地):ラスベガス
※日本からの直行便はないため、ロサンゼルス、サンフランシスコなど主要都市で乗り換え要
※ラスベガスからグランドキャニオンまでは車で約4時間半
天気と気温
グランドキャニオンはほぼ年中乾燥している。夏はとても暑く、7月は平均最高気温が42度近くなる。夏でも夜はとても冷え込み、平均17度なとなるので、上着の持参をお勧めする。冬はとても寒く、1月の夜は気温が-10度まで落ちるので、朝日鑑賞に行く場合は十分な防寒具が必要です。
年間平均気温
主な見どころ
Watch Tower at Desert View
ウォッチタワー、デザートビュー
ビレッジの25マイル(40km)東のDesert Viewにあり、イーストリムの終点でコロラド川が大きくカーブする角にあるため見晴らしは抜群。1932年に休憩所として建てられ、レンジャーステーションもあり、ガスや食料品なども手に入る。昔周辺に君臨していたホピ族が崖の北方から襲ってくる野蛮な種族を心配し作られた見張り塔をモデルにして作られたもの。
Bright Angel Trail
ブライトエンジェル・トレイル
Bright Angel Lodgeの少し西からスタートし、コロラド川へ4460フィート(1338m)下る。 帰りのキャニオンへの登りが大変きついので、経験豊かな健脚向きコース。コロラド川が間近に見下ろせるPlateau Pointへは、Indian Gardenから分かれるトレイルがあり片道6マイル(10km)のハイキング。 谷底のPhantom Ranchへは片道9マイル(15km)。ハイカーは、ビジターセンターでBright AngelとKaibabトレイルの無料パンフレットを出発前にもらいましょう。また大量の水を必ず持参すること。
Rim Trail
リム ・トレイル
West Rim のMaricopa Point とYavapai Museum間のキャニオンの淵にそって歩く3-5マイル(5-8km)の一般向きのトレイル。 昼間は人が多いが夜間はひっそりとして、満点の星空を眺めるには最適である。
West Rim
ウエストリム
ビレッジを中心に西にWest Rim Driveが、約9マイル(15km)続いている。夕焼けを見るには絶好のポイントのPowell Memorial point、雄大な景観を眺める場所として見逃せないHopi Point、ここからの夕陽も素晴らしいMohave Point、180度開けたパノラマが楽しめるPima Pointなどがある。2007年にオープンしたスカイウォークは、絶壁から20メートルも空中に突き出したガラスの橋。下を見下ろすとグランドキャニオンの谷底が見え、なんとも不思議な感覚を体験できる。5月から9月の間は、自家用車の通行禁止なのでシャトルバス利用となる。
ルックアメリカンで行くツアー
ルックアメリカンツアーの特徴
おすすめの時間帯に観光!
太陽が直下し、真上からキャニオンの中に太陽の光が入り込むの最も美しい時間帯を確保済みのツアーがあります!
知識豊富な日本語ガイドによる説明あり!
日本語ガイドがご案内するツアーでは、アンテロープキャニオンの魅力的な安全や詳しい説明、様々な話やガイドだからこそ知っている光を利用したトリック写真の取り方などだけよりツアーが真新しくなります!
2泊以上のロングツアー
1泊するツアー
日帰りツアー
その他の情報
公園内
El Tovar
ビレッジ内にある1905年に建てられた78部屋をもつ由緒あるホテルで、昭和天皇も滞在した。 4部屋のスイートのみ、キャニオンビュー。少なくとも半年前からの予約が必要。元々鉄道でグランドキャニオンに来るお金持ちのために建てられた豪家ホテルだが、古いのでキングサイズベッド一つの部屋が多く、日本人には不向きかもしれない。
Thunderbird Lodge & Kachina Lodge
サンダーバードが55部屋、 カチナが49部屋、ビレッジ内にある1960年代に建てられたモダンな建物で、崖側の部屋で2階であればキャニオンが見れる。もっとも人気の高いロッジ。 サンダーバードはブライトエンジェルで、カチナはエルトバにてチェックインする。
Bright Angel Lodge & Cabins
ビレッジの1マイル(1.5km)の東にあり、リムのすぐそばに1935年建てられ、ロッジとキャビン・タイプの総計80室がある。通常は従業員用に使用されている為一般客にはあまり使われていない。
Maswik Lodge
ビレッジの南西300m程離れた所にあるが、キャビンからデラックスまで277室ある新しいロッジタイプホテル。 ビレッジとは別にカフェテリア、ギフトショップ、フロントデスクがある。
Yavapai Lodge
ビレッジの1マイル(1.5km)の東にあり、厳冬期は閉鎖する350部屋あるモーテルタイプ。ビジターセンター、郵便局、銀行やストアーが近くにある。リムまでは歩いて10分程度。
あまりの混雑からバスでは入れないポイントが多いため、そういった所をもれなく回れるのが個人で行く利点である。園内には無料シャトルバスも通っており、パーキングの心配もいらない。時間がたっぷりある場合は、1年前から予約が必要だが、ロバに乗ってコロラド川まで降りる1泊2日のツアーに挑戦しよう。半日かけてロバに乗ってグランドキャニオンを降り、コロラド川沿いにあるファントムランチに宿泊、翌朝は太陽の上がる前から出発して1日かけて登ってくる醍醐味満点のツアーである。もちろんブライトエンジェルス・トレールを歩いて降りても良いが、十分以上の水分を持参する事。

無料シャトルバスの情報(英語)
(2020年8月現在*)

・自家用車 $35 (1台あたり。7日間有効)

・オートバイ $30

・歩行者・自転車 $20 (1人あたり。7日間有効。)

・グランドキャニオンパス $70 (1年間有効)

・共通パス $80
(他の国立公園などでも使える共通パス。1年間有効)また、毎年無料の日が数日ある 2020年 1月20日 4月18日 8月25日 9月26日 11月11日 *最新情報は国立公園のサイトにて確認できる。
グランドキャニオンが奇跡の渓谷と呼ばれている理由のひとつとして、南北に600mも高低差のある断層が上げられるであろう。一般的には広大なコロラド川が長い年月をかけて刻み込んだキャニオンと呼ばれているが、それだけではこんな途轍もない渓谷は形成されない。しかもグランドキャニオンは形成されたのが僅か3000万年ほど、実際にこのグランドキャニオンそのものが形成されるのには1500万年ほどしかかからなかった。 アメリカ大陸が移動しながら圧力に押され隆起活動を繰り返して出来上がったロッキー山脈であるが、最も活動の激しかった後期、このグランドキャニオンのあたりで巨大な活断層にずれが生じた。最近日本でも活断層が数m〜数十m移動した事で大きな地震が起きる事は皆良く知っているが、この時代に起きたずれはなんと600mである。勿論一瞬にして600mずれが生じたわけでは無いのでニュアンスは異なるが、当時の大地が凄まじい勢いで動いていた事がイメージ出来るであろう。隆起活動に伴い標高の高い位置から低い箇所に向けて水が流れて、やがてそれはコロラド川となる。コロラド川にしてみればこの東西に走る断層は非常に都合の良い抜け道だったわけで、いきなり高速道路が出来たようなもの、さらに地層はもろい頁岩と砂岩のオンパレードとくればコロラド川にとってグランドキャニオンを削ってしまう事などたやすい事だったのかも知れない。 大自然の驚異を示す事例のひとつとしてグランドキャニオンで起きた火山活動がある。グランドキャニオンの南側約100キロ離れた所にあるサンフランシスコ山脈で、250万年ほど前に大規模な噴火活動が起きた。その際に噴出したマグマが広域に渡って流れ出し当時今の3分の2ほどの大きさであったグランドキャニオンを塞いでしまう、つまり天然の(とんでもない規模の)ダムが出来たわけだ。そんな溶岩が詰まったダムも約100万年も経つと跡形も無く侵食されて無くなってしまったわけで、現在人間が建築しているダムがいかに短期的なものであるかを象徴している。
Arizona Steak House
サウスリムのBright Angel LodgeとThunderbird Lodgeの間にあり、キャニオンを見下ろしながら(実際は見下ろす感じでは無く、窓際に座ってトレイル越しに見える感じ)アメリカ料理を食べられるポピュラーなレストラン。 添乗員にもお客様にも一番人気。 予約は取らないので早めに食事をしたかったらチェックインの時に行って、名前を入れてくる事。ディナーのみ: 4:30pm – 10pmオープン、ディナー$12〜$19

El Tovar Hotel Dining Room
El Tover Hotelの中にあり、コンチネンタル料理のムードある高級レストラン。朝食6:30-11am、ランチ11:30am-2pm /$5-15、ディナー5-10pm /$16-24

ヤバパイ・カフェテリア
各ホテルのチェックインセンターにあるカフェテリア。他のレストランがどんなに混雑していてもほぼ並ぶ事無く食事にありつける。ミシュランのガイドブックで星が付く事はまずありえないだろうが、アルコール飲料もサービスしており、一通りの食事が並んでいて好きなものを選ぶ方法になっている。
© 2021 JTB USA Inc. All rights reserved.