大自然の凱旋門

グランドティトン国立公園

Grand Teton National Park

基本情報
概要
アメリカのロッキー山脈は大陸移動の際に生じた皺寄せからなる隆起活動で造山されたパターンがほとんどの為、どちらかと言えば女性的な外観の山が多いが、ここのグランドティトンは非常に荒々しく迫力がある。 ヨーロッパ・アルプスでは急峻な山肌が目の前に立ちふさがる様子は珍しく無いが、アメリカではあまりにも規模が大き過ぎるということもあり、 なかなか、ここグランド・ティトンのように標高差2000mの斜面が目の前で立ちはだかるという景色は少ない。 原色系の岩肌の多いアメリカの国立公園だが、イエローストーン国立公園に隣接し、湖と山と森が見事に調和した素晴らしい景観がある。
アクセス情報
最寄の主要空港・ツアー出発地:ソルトレイクシティ
※日本からは西海岸主要空港経由
※ソルトレイクシティからグランドティトンまでは車で約4時間半
年間平均気温
主な見どころ
ビジターセンター、グロサリーストア、郵便局、マリーナ、博物館がある。博物館ではいつもインディアンの手芸品を展示しており、興味深いので立ち寄ると良い。 ジャクソン湖へ歩いていけるトレイルもあり、マリーナもある。イエローストーン(グラント・ビレッジ)を出てから1時間で到着するので最初のストップには丁度良い。 ここから見える山はMt.Moranで、山頂に向けて黒っぽい筒のようなものが見える。 これはボルケノ・ネック(火山の首)と呼ばれる地質用語で、山頂に向けて伸びていたマグマの通り道がそのまま冷えて固まったものである。
Grand Teton
グランド・ティトン
ティトン山脈内で最も高い山であり、3つの峰がある。セントラルロッキー山脈の頂点に近い標高(4199m)を持つ。フランス人猟師が人間の胸部を連想し、フランス語で「胸」を意味するTetonという名前が付いた。
Jackson Lake Lodge
ジャックソンレークロッジ
ロッジの中に入り、階段(エスカレーター)を登るとすぐにラウンジがあるが、その背後は「あ!」と声が出るようなグランドティトンの展望が広がっている。 ここにはレストラン、ギフトショップ(高級)、展望台等があるので、時間をたっぷり取る価値がある。 
Schwabacher Road
シュワバッカーロード
ジャクソンの町から89号線を北上し、Schwabacher Roadをスネークリバーに向かって下っていくと、駐車場がある。ここは、スネークリバーに映えるグランド・ティトンの絶景があまりにも美しく、数々のポスターや絵葉書に使われる有名な写真スポット。日の出前後30分が最もベストなシャッターチャンス。
Antelope Flats Road
アンテロープフラッツロード
ここから見えるグランドティトンは、グランド・ティトンを世界に教えた映画「シェーン」で見られる景色そのもの。 実際の小屋は存在しないが、似たような小屋がたくさんと点在しているので、綺麗な写真が取れる。ここも午前中、なるべく早い時間に行くようにするとシャッターチャンスが増える。
Jenny Lake
ジェニーレイク
このジェニー湖の形成期は約2万5千年前、ジャクソン湖で支えきれなくなった水が流れ出して出来た姉妹湖である。 湖畔から見上げると主峰グランド・ティトンが高低差2000mで眼前に圧倒的な迫力で迫ってくる。道路脇からジグザグにトレイルがありそれを降りて湖畔に辿り着く。交通量が多いところなので車やバスに注意。
Chapel of Transfiguration
トランスフィギュレーション礼拝堂
グランド・ティトンの主峰をバックに草原の中へひっそりと建つ無人教会。プロテスタント系の教会で、木曜日にだけ牧師さんがミサを行いに来る。 中に入ると祭壇のバックが窓ガラスになっており、主峰が綺麗に見える。教会を駐車場と反対側のほうへ行くと、開拓当時の家がそのまま展示物として残されている。
ルックアメリカンで行くツアー
ルックアメリカンツアーの特徴
おすすめの時間帯に観光!
太陽が直下し、真上からキャニオンの中に太陽の光が入り込むの最も美しい時間帯を確保済みのツアーがあります!
知識豊富な日本語ガイドによる説明あり!
日本語ガイドがご案内するツアーでは、アンテロープキャニオンの魅力的な安全や詳しい説明、様々な話やガイドだからこそ知っている光を利用したトリック写真の取り方などだけよりツアーが真新しくなります!
一押しツアー
その他の情報
ジャクソン・レーク・ロッジ(公園内)
モアブ中心部、モアブミルクリーク・ジョギングとサイクリングコースの隣に位置した便利なホテル。暖かな色合いの落ち着いた雰囲気の客室は都会のざわめきを忘れ、ゆったりとした時間を過ごせる。
ジェニー・レーク・ロッジ(公園内)
モアブ中心部、モアブミルクリーク・ジョギングとサイクリングコースの隣に位置した便利なホテル。暖かな色合いの落ち着いた雰囲気の客室は都会のざわめきを忘れ、ゆったりとした時間を過ごせる。
公園外のホテル: ジャクソンはグランドティトン国立公園入口から僅か15分。ホテルは無数にあるので好きなタイプを選択出来る。 町は様々なレストラン、サルーン、ブティック、ショップが並び、自由時間を過ごすには事欠かさない。 もう少し静かなほうが良いという向きには、ティトン・ビレッジが良いであろう。 ジャクソンから10分ほど、冬はスキーリゾートとなり、おしゃれな静かなビレッジがある。
個人で行くグランド・ティトンは、ハイキング、登山、あとは写真撮影であろう。ティトン山脈を縦走する本格登山から、簡単なハイキングまで、実に様々なハイキングコースが用意されている。 宿泊はジャクソン、またはティトン・ビレッジがお勧めだが、RVをレンタルして公園内のRVパークに泊まったり、キャンピングを楽しむのも良い。
(2019年3月現在*)
・自家用車 $30 (1台あたり。7日間有効)
・スノーモービル、オートバイ $30
・個人(徒歩、自転車、スキーなど) $15 (1人あたり。7日間有効。15歳以下は無料。)
・年間パス $55 (1年間有効)
・共通パス $80(他の国立公園などでも使える共通パス。1年間有効)また、毎年無料の日が数日ある 2020年 1月20日 4月18日 8月25日 9月26日 11月11日 *最新情報は国立公園のサイトにて確認できる。
ここら辺の造山活動は約3~4千万年前、日本列島が形成された頃とほぼ時を同じくして起きたロッキー造山活動の一環として始まった。 隆起の際、地盤に大きな断層が生じ、火山活動が起こり、約60キロほどに南北に渡って西側が2000mもずれる巨大な断層が出来あがった。 後に氷河期を経て侵食によるU字渓谷が出来上がり、氷河で運ばれた堆積物が4万年の時をかけて水をせき止めてジャクソン湖を築き上げた。これらがグランドティトンの生成の過程である。 
© 2021 JTB USA Inc. All rights reserved.